主要素材のご紹介

カラメル・天然色素

カラメル

池田糖化は、1922年以来、独自の焙焼技術から生まれるカラメルの製造販売を行っています。
食品をひきたたせるべく、おいしさのある豊かな食生活に池田糖化のカラメルをお役立ください。

カラメルとは?

カラメルは、砂糖、ぶどう糖等の食用炭水化物を熱処理して得られたものであり、食品や飲料を褐色に着色するために広く用いられている食品添加物です。また、薬品や化粧品等にも用いられています。
カラメルは、暗褐色から黒色の液体または粉末で、特有の風味を有し、水に溶けやすく、油脂や有機溶媒には溶けません。
カラメル溶液は、淡褐色から黒褐色を示し、熱や光に対して安定です。

液体カラメル
粉末カラメル

カラメルの製造工程

カラメルの安全性

カラメルについては、変異原性試験、反復投与毒性試験、発がん性試験等多くの安全性試験が行なわれ、安全に問題ないことが報告されており、すでに安全性が確認されています。
日本では、1982年(昭和57年)、厚生省がカラメル(カラメルⅢ)のマウス、ラットを用いた2年間の慢性毒性試験を実施し、「がん原性は認められない」と報告しました。
JECFAでは、1985年(昭和60年)にカラメルⅠ、カラメルⅢ、及びカラメルⅣについて、2000年(平成12年)にはカラメルⅡについて、安全性の評価が行なわれ、その結果、カラメルの安全性が確認されました。
食品添加物の安全性評価に関しては、JECFAの評価が最も信頼されるものであり、毒性学上及び企画の観点から評価が行われています。
米国では、カラメルは FDAによってGRAS物質に規定されており、検定免除の着色料にリストアップされています。
厚生省生活衛生局食品化学課監修の「既存添加物の安全性評価に関する調査研究─平成8年度厚生科学研究報告書」には、カラメルは「JECFAにおいて安全性評価がなされた天然添加物」であり、「米国において流通が認められていることが確認された天然添加物」及び「EUにおいて流通が認められていることが確認された天然添加物」であると示されています。

天然色素

クチナシ、紅花、紅麹など各種取り揃えています。