先輩からのメッセージ

第二開発室
藤村 直子
2015年入社 長崎県立大学 看護栄養学部栄養健康学科

食品業界のど真ん中で活躍できる

先輩社員へのインタビュー

Q. 現在の仕事内容について教えてください。

開発室に所属し、開発室内の各専門チームをローテーションしています。現在は粉体調味料を扱うチームでスナック菓子の「○○味」となる部分を作る仕事をしています。ユーザー様からの「こんな味がほしい」という要望から、自分で配合を考えてブレンドを行うことに難しさを感じますが、試行錯誤する過程が今はとても楽しいです。

Q. 私の会社のここが好き!この会社だからできる仕事とは?

食品の中間原料メーカーであるため、さまざまな食品の開発に関わることができ、製品の核となる味づくりに携わることができるところが魅力だと思います。実際、配属されてまだ間もないですがスナック菓子の味の部分を任せていただいており、自分は食品業界の真ん中で働いているんだ、と実感している毎日です。その分、自分の未熟さも痛感しており、それをバネに中間原料会社のスペシャリストを目指して勉強をしています。

Q. 今まで関わった仕事の中で一番印象に残っていることは?

入社して約半年、ようやく仕事の流れをつかんできた頃ですが、食品業界の新商品のサイクルスピードの速さがとても印象的です。開発依頼が来て数日のうちに試作品を提出し、1週間もすると営業さんから評価が返ってくる、という流れを何回も繰り返すことでユーザー様の納得のいく商品に少しずつ近づけていきます。開発という仕事は華やかな印象を持っていましたが、実はとても地道な仕事であるということに気づきました。

就職活動中のみなさんへメッセージ

たくさん悩む時期だとは思いますが、そこから得られるものもたくさんあります。悔いのないよう頑張ってください。